企業にとって行いたいこと|コストパフォーマンスを上げるためにシステムを利用して業績アップ
レディ

コストパフォーマンスを上げるためにシステムを利用して業績アップ

企業にとって行いたいこと

婦人

連結グループを1つとして、連結グループに所属する法人の所得金額、そして欠損金額を損得通算することによって所得金額を計算、そして連結所得を法人税額をまとめて納税する制度を連結納税制度といいます。連結納税制度の最大のメリットとして、企業グループ内の黒字と赤字の損益を通算することができるので、グループでの節税が期待できます。親会社が連結納税を行なうグループの管理を行ない、法人税の納付します。その後親会社が各子会社の負担する納税額を受け取り、支払いすることになります。こうすることによって、グループ全体でキャッシュフローを行なうことが可能となるのです。連結納税制度では、試験研究費などの控除限度額がその企業全体で計算されます。そのため、子会社だけでは使い切れなかった試験研究費などの控除限度額を、親会社で利用でき無駄を省くことができます。連結納税制度を利用している子会社が独立した子会社化しても、グループに所属している場合は所得はグループ内で通算されます。連結納税制度を適用する前の子会社の繰越欠損金がある場合、連結納税制度に所属するグループに持ち込むことが可能ですが、ケースによってはグループに持ち込むことができない場合もあることを理解しておきましょう。連結納税制度導入の申請は、事業年度を開始する3ヶ月前に申請書を提出する必要があります。この場合、親会社と子会社合わせて連名で申請する必要があります。連結納税制度の導入スケジュールはしっかりと確認しましょう。